公開日: |最終更新日時:

OAM(大口式)インプラント

「OAM(大口式)」は、ドリルで歯槽骨を削るインプラント手術とは違い、骨を削ることなく(最初のみマーキングのため使用)インプラント手術をおこなう方法です。この手術のメリットやデメリット、手術の流れなどをご紹介します。

OAM(大口式)のメリットデメリット

メリット

骨を削らない

OAM(大口式)の大きなメリットは、骨を削らないことです。少しづつインプラント体を埋入する孔を広げていく方式ですから、歯肉を大きく切開しないため、出血も少なく、術後の痛みも抑えられます。また、大きな音のドリルを使用しないことは、心理的にも安心して手術が受けられる環境と言えます。

骨量が少なくても手術可能

通常のインプラント手術では、骨量が足りない場合には、骨造成をおこない手術をします。しかし、OAM(大口式)では、徐々に骨を広げていくため、骨量が少ない方でも適応となる場合が多いです。骨造成をしないので、治療期間が短くなる可能性も高いです。

デメリット

技術の取得が必要

OAM(大口式)では、細い針のような器具を使用して、骨を広げていきます。その技術は繊細で、特に骨量の少ない患者さんの場合には、骨が割れてしまうということもあります。十分な訓練を積んだ歯科医を選ぶ必要があるのです。

手術時間が長い

通常のインプラント手術はドリルを使用して、穴を開けてすぐにインプラント体を埋入します。しかし、OAM(大口式)では、小さい穴を開けて、そこから器具を変えながら広げていく作業になりますので、手術時間は長くなります、

手術の流れ

OAM(大口式)の手術は、まず、小さなバーで穴をあける位置をマーキングします。その後はハリのような「リーマー」という器具を歯槽骨に挿入していき、骨の状態を確認。専用器具の太さを変えながら、徐々に孔を広げていきます。このときは、常に骨の状態を観察しています。十分に広がれば、インプラント体を入れます。その後は、歯肉を縫合するか、仮歯を装着するかなど、患者さんの状態により違いますが、最終的な人工歯を装着するには3ヶ月から6ヶ月程度必要です。

尾張北エリアで治療を受けるなら
確かな知識と技術・設備環境が整っている
インプラント歯科3

尾張北エリアで、インプラント治療を行えるだけの専門的な知識と技術を持つ医師が在籍し、精密な検査や治療を行える設備をそなえたクリニック厳選しました。インプラントを長く使い続けるためのメンテナンス体制にも注目してください。