公開日: |最終更新日時:

オールオン4とは

オールオン4とは、インプラント関連メーカー大手の、ノーベル・バイオケアが開発したインプラントシステムです。その名称のように、片額に計4本のインプラント体を埋入することで、全歯列の上部構造を支えるものです。従来であれば片顎10本前後のインプラント体を埋入していた症例でも、4本の埋入で済むことになります。

オールオン4のメリットデメリット

メリット

身体的負担が軽減できる

通常のインプラント治療であれば、無歯顎の場合、10本前後のインプラント体を埋入することになります。しかし、オールオン4では、4本の埋入となりますので、患者さんの身体的な負担は軽減されます。また、骨を増やす手術も基本的には必要がないケースが多いため、その分の負担も軽減できます。

よく噛める

よく噛めるということは、インプラント治療全体に言えることですが、特にオールオン4は歯列全体をインプラント体で支えますので、総入れ歯と比較すれば、非常によく噛めると感じる人が多いです。総入れ歯が合わないで痛みや咀嚼で苦労している方は、検討してみることをおすすめします。

デメリット

手術が必要

インプラント治療では、外科手術が必ずあります。オールオン4も、局所麻酔での日帰りですが手術をおこないます。小手術であっても、身体的な負担はありますし、確率は低いですが、リスクもあります。手術をするデメリットを事前に十分理解してください。

適応にならない場合もある

オールオン4は幅広い方に適応できるものですが、もちろん適応外という場合もあります。お口の中の状態はもちろんですが、コントロール不良な糖尿病など、全身の状態によっても手術ができないことがあります。

手術の流れ

オールオン4の手術は、通常1回のみでおこなわれます。事前におこなう精密検査をもとに、シミレーションをおこない、歯肉を切開しないフラップレス手術で実施します。また、使用するインプラント体はオールオン4用のインプラント体で、奥歯部分に埋入するものは通常より長くなっています。この長いインプラント体を「傾斜埋入(けいしゃまいにゅう)」という方法で斜めに入れることで、上部構造を支える力が大きくなり、4本のインプラント体で歯列を支えられるのです。埋入手術後は、即日で仮歯を装着しますので、歯が無い期間がありません。

オールオン4の症例

このオールオン4の症例は、60代男性のケースです。下顎の義歯が合わなく非常に違和感を感じているということでした。取り外し式の入れ歯ではなく、固定式の義歯を強く要望していました。残存歯は3本ありましたが、歯槽骨の吸収により、将来性は無いと判断して、戦略的な抜歯をおこない、オールオン4をおこなうことと決定しています。5年経過しましたが、トラブルはなく、患者さんの顔貌も変化し、審美的にも良い傾向が見られています。また、手術直後の即時荷重という面も摂食や審美面で患者さんの心理に良い効果をもたらしたと考えられます。

参照元:
【PDF】上下顎無歯顎患者の下顎に即時荷重型インプラントを適用した5年経過症例|医療法人康仁会吉永歯科クリニック

尾張北エリアで治療を受けるなら
確かな知識と技術・設備環境が整っている
インプラント歯科3

尾張北エリアで、インプラント治療を行えるだけの専門的な知識と技術を持つ医師が在籍し、精密な検査や治療を行える設備をそなえたクリニック厳選しました。インプラントを長く使い続けるためのメンテナンス体制にも注目してください。